So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

山下貴史(大学生)を逮捕!オタクの闇が深すぎる事件で逮捕者続出!? [ニュース]

キセル乗車の手助けでHKT48ファンの大学生山下貴史が逮捕されました。悪質なやり方をご紹介するとともに、キセル乗車の語源や意味についてもお伝えします。

スポンサーリンク




キセル乗車を手助けし逮捕された山下貴史(顔画像有)とは



今回キセル乗車で逮捕された犯人について現在わかっていることについてまとめます。

名前 山下貴史(やましたたかし)

年齢 22歳

住所 東京都東久留米市

職業 私立大3年

好きなアイドル HKT48

大学名はまだ公表されていませんので、わかり次第追記します。

山下貴史容疑者の供述によると、4年前から既に150回はやっているとのことです。

よくもまぁバレずにやってこれましたよね。

そしてこちらがニュースで報道されていた山下貴史容疑者の顔画像です。



次に事件の概要についてお話しします。

スポンサーリンク




山下貴史事件の概要 悪質なやり方とは



今回事件が起きた場所はJR東海道新幹線。

東京都東久留米市の私立大3年、山下貴史容疑者は、仲間の山本孝太郎容疑者と共に、キセル乗車を手助けしたことにより逮捕されました。

両容疑者はソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を使い、アイドルや声優のファンからキセルを手助けする依頼を受けていたそうです。依頼者はなんと数百人に及ぶそうで、鉄道業者もかなり被害にあっているみたいですね。

そしてこちらが事件の概要で公開された悪質なやり方です。


逮捕容疑は9月11~17日、広島県から上京してきた男2人=鉄道営業法違反(無賃乗車)容疑で書類送検=に東京駅改札内で入場券を手渡して計3万6000円の支払いを免れさせたり、岡山県の男(26)=同=に入場券を手渡すため改札内に侵入したりしたなどとしている。両容疑者は別のグループで、いずれも容疑を認めているという。


同課によると、山下容疑者らは新幹線ホームへの入場券を2枚重ねて東京駅の改札を通過。上京してきたキセルの依頼者と合流し、改札を出るための入場券1枚を手渡していた。


依頼者も新幹線に乗車する際、乗車・特急券を買わず入場券を使っていたという。


山下容疑者は1回あたり2000~3000円の報酬を受け取っており「150回ぐらいやった」と供述しているという。


山下容疑者らにキセルの手助けを依頼していたのは、アイドルや声優のファンで、東京で開かれるコンサートやイベントのために上京していたという。



アイドルや声優のファンがグッツを買うために賃金を払わずに乗車していたことを知ると、アイドル達はその人達をどう思うでしょうね。

きっとそんなことしてまで会いに来てほしくないと思ってるはずですよ。

しかも4年ほど前からとなると、スマホやラインが復旧した時期やAKB48などのアイドルグループが世に出てきた時期と重なります。

キセル乗車の語源や意味は



入場券を最安区間で購入し乗車、そして駅から出るため分をあらかじめ降車駅から一歩前の区間で利用できる定期券などを購入することで、区間を無賃乗車することをキセル乗車と呼ぶのですが、語源や意味は何なのでしょう。

まずキセルとはどんなものか、Twitterに分かりやすく説明されている方が居たので、こちらでご紹介します。



このようにキセルとは前と後ろの両端が金属になっているんです。

なので正規の乗車料は支払わず、【前】と【後ろ】だけ【金を払う】ということで、キセル乗車と呼ばれているのです。

これがキセル乗車の語源であり、キセル乗車と呼ばれている意味なんですね。


まとめ



今回はキセル乗車の手助けで逮捕された山下貴史容疑者についてお話ししました。

山下貴史容疑者は4年前から既に150回もキセル乗車の手助けをして金銭を受け取っていた模様。

アイドルや声優のファン同士でネットワークが出来ており、キセル乗車を手助け出来るものは福岡、大阪、名古屋などに居るとのことです。

ファンの中には、毎日の食費を削ったり、買いたいものを我慢してでも実費で遠征し会いに行っている人も大勢居るでしょうに、すべてのファンを敵に回しましたね。

裏でこんな悪質なコミュニティーが出来上がってるだなんて。今度から「こいつキセル乗車で来たんじゃ?」と全員を疑うことになるかもしれません。

アイドルを応援するのは全然いいのですが、そのアイドルに対して裏切るような行為はしたらダメでしょう。

山下容疑者が逮捕されたことで芋ずる式に逮捕者が出てくればいいのですが。

そしてなによりイベントのときにアイドルから、「キセル乗車で来た人は私のファンとは認めません」なんてことを言ってもらえれば、少しは考え直すのではないでしょうか?

それでは最後まで読んでいただきありがとうごさいました。

スポンサーリンク



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。